チラ裏ネタ・小ネタ


戦闘・スキルの小ネタ

君が死ぬまで殴るのをやめない

  • 「クリスナーガ」を2個装備したワタルが「ヘラウスフォルデルング」を使うと、
    攻撃回数+6回になるので7回殴れる。

イベント戦闘やボス戦でアナライズを忘れたら

  • プロクト城2階、会議室の古紙を調べると、
    未アナライズのイベント敵やボス敵のデータが魔物図鑑に書き写される。
    ただし再戦可能な雑魚敵は除く。自分で頑張るべし。

同レベルまで育成したら最強は誰なのか?

  • レベル99まで育成、パッシブや装備による補正なしの純粋ステータスを比較
    ()内の数値は計算用の得点。5人中1番高ければ5点、2番目なら4点……最下位なら1点。
    • 最下位は青文字、1番は赤文字で分かりやすくしてみました。

名前 HP SP 攻撃 防御 魔法 抗魔 敏捷 合計点
ワタル 4800
(3)
320
(1)
720
(5)
480
(3)
240
(1)
480
(2)
640
(4)
800
(5)
24
スミカ 4000
(2)
720
(3)
480
(2)
320
(2)
400
(2)
400
(1)
800
(5)
640
(4)
21
ヤマト 8000
(5)
640
(2)
500
(3)
800
(5)
480
(3)
540
(4)
320
(2)
320
(2)
25
アヤネ 2400
(1)
1320
(5)
240
(1)
160
(1)
800
(5)
800
(5)
240
(1)
560
(3)
22
クオン 6400
(4)
800
(4)
640
(4)
560
(4)
600
(4)
540
(4)
500
(3)
200
(1)
28

  • 単純な能力値の高さだけが強さに直結するわけではないものの、
    やはり首席の貫録でクオンが単独トップとなった。
    しー! 運の酷さが目立つとか言っちゃ駄目!
    続いて壁役のヤマト、ワタルと続き、アヤネ、スミカの順に。
  • 運に目を瞑れば高く安定しているクオンだが、実は第1位の能力値はひとつもない。
    世間ではそれを器用貧乏というよね。
    逆にアヤネはトップも多いがビリも多い極端な結果に。
  • ver1.11でヤマトとクオンに上方修正が入ったため、
    ヤマトより攻撃力があるスミカ、抗魔はワタルとヤマトが同じ、ということはなくなった。
    魔法はスミカよりヤマトの方が高いのはそのまま。
    クオンの運はこれでも+80されてます、実は。でも元が低すぎて……爆発魔法はやめて!

敏捷性と運による能力値補正

敏捷性や運が、回避・会心・魔法回避・会心回避に影響している。
計算式は以下のとおり。
計算結果の小数点以下を切り捨てた値が加算される。

パラメータ 計算式
回避率 (敏捷+運)×0.4 ×0.01
会心率 運×1.3 ×0.01
魔法回避率 (敏捷+運)×0.4 ×0.01
会心回避率 (敏捷×0.25 + 運×0.75)×0.01

無慈悲につきつけられる学力の差

各キャラのレベル99到達に必要な経験値を比較。

ワタル スミカ ヤマト アヤネ クオン
4690517 3518856 2546971 1753768 1120976

これはひどい。
ワタルとクオンの差はおよそ4倍。1回の戦闘から学ぶ量に4倍もの差があるということに……。
キュヌクス図書館で
「本当に同じ学校で、同じ教育を受けていたのか!? 何だこの知能の差は!」
と言っているが、理解力の差がこれでは、同じ学校にいても異なっていて当然だろう。

ダメージ限界値計算法

  • ダメージの上限は「攻撃者の運 × 25」
    攻撃者の運が100なら限界値は2500になる。

EPについての補足

EPの初期値は戦闘開始時に0~15までのいずれかの数値がランダムで決まる模様。
また、通常攻撃では数値が+3され、攻撃が外れてもEPは上昇する。
防御時は+2、アイテム使用での数値上昇はない。
スキル使用時以外のこれらを覚えておくと、
特に戦闘がシビアになるストーリー後半のボス戦や裏ボス戦で調整がやりやすくなる。

確実にメダルを稼ぐには

遊技場のメダルを稼ぐためには、リセットを使いながら地道にやるのがオススメ。
最初はメダルの数も少ないので、ゲーム初期から
ワタルのパッシブ「金銭亡者」をセットして、戦闘でお金(Coin)を貯めよう。
ある程度お金が貯まったら、お金でメダルを買って、「21」をやろう。
意外と10倍の出る確率が高いので、メダルが貯まりやすい。
勝負を始める前にセーブし、メダルを9999枚賭けて結果を見ればいい。
尚、10倍でなくてもメダルが増えるならリセットしない方がいい。
リセットするのは、賭けたコインを没収される場合のみにしよう。

クオンと同等かそれ以下の運しかなく、21でもメダルが増えにくいというなら、
お金を多く落とす魔物を倒しまくって金の力で何とかするしかない。

しっぱめだるを稼ぎ隊

  • 経験値獲得上昇の魔装石や貪欲ボックスなど、有用なアイテムと交換できる「しっぱめだる」。
    だが交換までの道はなかなか遠い。
    以下、効率よく稼ぐ方法をまとめる。(FAQに関連記載あり)

事前準備~素材集め
  • アイテム収集家クオン必須。パッシブ「素材収集」を必ずセットしよう。必ずね!
  • オプションで難易度「さくさく」、エンカウント率200%に変更する。
    • 戦闘速度を「早送り反転」にしておくと楽かもしれない。
  • 上記の準備が出来たらツロコ洞窟に行き、雑魚をひたすら刈りまくろう。
    • 戦闘速度を「早送り反転」にしていない場合は、Ctrlキーを押しながら戦おう。

素材を集めたら
  • いよいよ武具屋にレッツゴー。
    一番失敗確率が高いのは「いきるか、しぬか」なので、これを選択する。
  • 武器防具のうち、一番上のもの(最も素材数が少ないもの)をひたすら合成する。
    後は失敗することを祈る……つまり神頼み。
    • マメにセーブしてリセットするという手もあるが、回数が半端ないので、
      やってみると結構面倒くさい。
      (書いておいてなんですが、個人的には非推奨デス。)

その他入手のチャンス
  • 第13話のイベントマップである船の中でチャットすると1枚もらえるので忘れずに。
    船内は1回しか入れないレアマップ。逃したら終わりです。
  • サブイベント「プロクトのこと」で、正解数を2問までに抑えれば獲得できる。
    ただし、たった一つのしっぱめだるのために他の報酬を諦めるのは勿体ない。
    周回プレイでない限り、あまりお勧めはしない。

能力強化スキル名は音楽用語から

  • スミカとアヤネが使用する、基本能力値を上昇するスキル。
    その名前は音楽用語からとられている。
    • 音楽用語はイタリア語が使われていることが多いが、
      ドイツ語やフランス語、英語など多様。
      楽譜が出版された国の言語をそのまま使用しているケースも珍しくない。
  • 表の項目「綴り(分類)」は、原語と音楽用語のどの項目に分類されるかを示している。
    • 強弱:演奏する音の強さを指示する用語。強弱標語。記号で省略されることも多い。
    • 速度:演奏する速度を指示する用語。速度標語。
    • 発想:どのような感情を込めて演奏するか指示する用語。発想標語
  • 一覧に表記されている用語で、同じ意味を持つ言葉の場合、
    単に品詞が異なっているだけで、全く同じ。
    例えばスピリトーソは形容詞、スピリトーサメンテは副詞で、
    演奏する場合、二つの言葉は同じ解釈をする。
    つまり同じ意味を持つ、似たような響きの言葉をスキル名に選んでいると思われる。
    • 速度標語の場合、上昇がヴィーヴォで倍化がヴィヴァーチェだが、
      実はヴィヴァーチェよりヴィーヴォの方が速い。
      アンダンテとアレグレットはアンダンテよりもアレグレットが速いので、
      スキルの強さと音楽用語の意味合いが合っている。
      選考基準は不明……。
  • 攻撃系の能力値は前向きな、防御系の能力値は後ろ向きな用語が使われている。
  • 強化魔法担当の一人であるアヤネは唄魔法を専門にしているので、それとの繋がりがある?

スキル名 意味 綴り(分類) 効果
フォルテ 強く forte(強弱) 攻撃上昇
フリオーゾ 猛烈な frioso(発想) 攻撃倍化
ズデニャンテ 傲慢な sdegnante(発想) 防御上昇
ズデーニョサメンテ sdeganosamente(発想) 防御倍化
ヴィーヴォ 生き生きと vivo(速度、発想) 魔法上昇
ヴィヴァーチェ 活発に vivace(速度) 魔法倍化
サンティメンタル 感傷的な sentimental(発想) 抗魔上昇
センティメンテーレ sentimentale(発想) 抗魔倍化
アンダンテ 歩く速さで andante(速度) 敏捷上昇
アレグレット やや快速に allegretto(速度) 敏捷倍化
スピリトーソ 元気に spiritoso(発想) 運上昇
スピリトーサメンテ spiritosamente(発想) 運倍化

シナリオ・キャラの小ネタ

無界から継承されし先輩

イベント中にスミカの兄・ユウジが使う銃スキルは、
無界で猛威をふるったスミカの「ペルグランデアーラ」。
ペルグランデ先輩と言われるほどに強力なスキルであった。

兄妹の名前の秘密

  • ワタル兄妹の名前を漢字で書くと
ケイスケ→慧佐 ワタル→渡 シマカ→島香
ある地名が浮かんでくるだろう。「佐渡島」である。
  • スミカ兄妹の名前を漢字で書くと
スミカ→純夏 ユウジ→友治
これは歴史上の人物「藤原純友」からとっている。理由は
「もともと海賊を取り締まる側だった純友が、
逆に自ら海賊となる様がスミカに重なったため」
スミカは本作で「気づかざる者として魔物に取りつかれる=魔物になる」ため、
ここが重なったと思われる。
  • クオン兄妹の名前を漢字で書くと
クオン→久遠 マドカ→円
おまけ部屋のマドカによると
「遠い過去に囚われて円のように考え方がぐるぐるしているイメージ」
だそう。

クワエリエレズの名前の由来

動物の名前に由来している。
  • レオ→獅子
  • パンテラ→ヒョウ
  • トゥード→亀を意味する「テストゥード」の短縮系?
  • メル→おまけ部屋にて「羊」が元ネタと言われているがどう派生したかは不明
  • コルニクス→カラス

クオンの回想世界【異界】編

ネタバレありにつき念のため折りたたみ


ツッコミがヤマト一人になったわけ

魔法戦士たちのボケとツッコミは、4対1という非常にアンバランスなものだ。
真性ボケのワタル、通常ボケのスミカ、天然ボケのアヤネ、飄々ボケのクオン、
ツッコミのヤマト、という構図になっているのは魔コネプレイヤーなら先刻承知だろう。
4人が4人ともたちの悪いボケを披露するが故に、ヤマトの心労は耐えない。

こうなった経緯は何故かというと……
「ツッコミはボケのように目立たない。
それなら、ツッコミを一人に集中して目立たせるか」
という、作者様の「愛」なのだが……。
これを聞いて、果たしてヤマトはどう思うのだろうか。聞いてみたいものだ。

イケメンは辛いよ

魔コネでイケメンと言えばクオン、クオンと言えばイケメンなのは、
プレイヤーなら先刻承知していることだろう。

では、クオンが爆発魔法の使い手なのは何故か。
これも、知っている人は知っているだろうが、制作者男性陣がイケメンに嫉妬し、
「イケメン爆発しろ!」
と言ったことからクオンは爆発魔法の使い手にするか、となったのである。

制作者男性陣の嫉妬を一身に浴びるクオンは、
本編でもサブイベントでブサメンNPCから度々手ひどい言葉を投げかけられている。
クオンはごく普通に対応しているのに、イケメンだからという理由で……。
さらに、イケメンが関係あるかは分からないが、
魔コネシリーズでは人気がクオンに集中してしまい、
制作者男性陣がさらに悔しがる事態を招いてしまった。
その結果、プレイヤーからの「クオン大好き!」というコメントに対して、
「おのれイケメン!」「イケメン爆発しろ!」というレスがつけられることに。
(以下、念のため折りたたみ)

会長の雄叫び

クオンに言わせれば、多分こんな感じだろう。
「は? そっちが勝手に俺をイケメンにしたんだろ。むしろ俺は被害者じゃねえか!」
はっきり言おう。イケメンでクオンが得をしていることは何もない。合掌。

メインキャラのカラー

魔法戦士5人のイメージカラーは「五行思想」からとられている。
これは無界の裏ダンジョンが五行思想をモチーフに作られていたことからも確定的。
(ただし、アヤネは無界の白から緑に変更されている。だが発想の源は五行思想である)
「木(青)」→ヤマト
「火(赤)」→ワタル
「土(黄)」→スミカ
「金(白)」→アヤネ
「水(黒)」→クオン
木→火→土→金→水→木……と循環することを表したもので、
木→火や金→水のような関係を「相生」という。
これは、相手を助けて調和することを示しており、魔コネキャラに当てはめると
ヤマト→ワタル→スミカ→アヤネ→クオン→ヤマト となる。
ヤマト→ワタルが一番分かりやすいが「相手を助けよう・理解しようとしている描写」に恵まれていたように思う。
もうひとつ、相対する位置に存在する関係「相剋」がある。
木→土→水→火→金という並びになるが、
これは相手を傷つけ反発することを表したもの。
魔コネキャラに当てはめると
ヤマト→スミカ→クオン→ワタル→アヤネ→ヤマト
「ヤマト→スミカ」や「ワタル→アヤネ」は「成長を阻害する関係」として描かれる一方、
「スミカ→クオン」や「クオン→ワタル」、「アヤネ→ヤマト」は「反発という刺激を与えて相手の考えを揺さぶる」ような描き方がされている。
五行思想の知識を踏まえたうえで関係性を見ていくと、また違った見え方になる。

スタッフロールを読み解く!

最後の最後、スタッフロールでは、各キャラが(基本的には)右から左へ
順番に進んでいく演出がされる。
制作ブログによると
「ひとつひとつの動きに意味がある」
「色々なキャラが思い思いに入退場していきますが、全部意味を持たせています」
というこだわりの場面なので、その読み解きにチャレンジ。

  • 王様→アザリーのつなぎ
「大臣と王様」の登場後にアザリーが出てくる流れになっている。
王様は右側をじっと見つめる描写をしている。
王様が画面外に歩いて行った後に、右側からアザリーが登場する。
これは「王様がアザリーを気にかけている」ことを示し、
「ワタル以外にもアザリーを案じている者がいる」という、
アザリーへの救いの描写にもなっている。

end6.jpg

end7.jpg

  • アザリーから飛び出す2羽の鳥
赤と青の鳥がアザリーから飛び出す場面がある。
この鳥は誰を暗喩しているのか。
赤の方はワタルでおそらく間違いないだろう。
もうひとつ、青の方は2つの説が考えられる。

1.ヤマト説
赤の鳥は勇者であるワタル、青の鳥は大魔王であるヤマトを暗喩したものとする説。
アザリーが二人に種を植えたことで今回の物語は始まったともいえるわけであり、
それに対してアザリーは罪の意識を抱いていた。
しかし、2羽の鳥は上に向かって羽ばたいていく。
二人はちゃんと羽ばたき、アザリーから去る=アザリーの持っていた罪を引き受けて、
それでも生きていくことの暗喩。
アザリーの心の重荷を軽くしようという、これもまたアザリー救済の演出とする説。

2.アザリー説
青の鳥はアザリー自身であるという説。
2羽の鳥がアザリーのもとを離れて羽ばたくことで
「ワタルへの執着からの解放」と「自分自身への贖罪の意識からの解放」を
描写したもの。
また、2羽とも上に向かってはいくが、その進路は各々異なる。
つまり「ワタルだけに盲目的になる視野狭窄状態をやめ、アザリー自身の意思で歩む」
ことの暗喩でもある。
どちらの説を採用したとしても、描かれているのは「アザリーの救済」だろう。

end8.jpg

end9.jpg

  • ズッコケ兵士
兵士が走っていくシーンで、一人だけ転んで遅れをとる兵士がいる。
これは、本スタッフロールを作る際にリスペクトされたという
「マリオストーリー」のエンディングからとった演出を思われる。
同ゲームでは何匹かの「ヘイホー」というキャラが出現する際、
必ず一匹、転んで遅れをとるヘイホーがいた。エンディングでもそれは変わらなかった。

end1.jpg

  • 焼き尽くしちゃった!
もうひとつ、マリオストーリーをリスペクトしたと思われる演出。
同ゲームでは、「コワッパ」と「カメックババ」が魔法対決のはずみで、
「クッパ」に炎魔法をぶち当ててしまうという演出がある。
そして本作魔コネでも、ヴィオレッタ&ヴィオレットが
オブストに炎魔法をぶち当てる演出が存在する。

end2.jpg

end3.jpg

end4.jpg

end5.png

ワタルはヤマトおっかさんから何回ご飯を抜かれたの?

ワタルが何かしでかす度にヤマトから突きつけられる最終必殺台詞「ご飯抜き」。
本編中、はたしてワタルは何回ご飯を抜かれたのかを検証!

  • 魔法戦士の家にて
「さすが我らのおっかさん!」
「次言ったら3日間ご飯抜き。」

  • アジューズにて
「大丈夫ですよ! ヤマトは女子より女子力がある我らのおっかさんですから!」
「プロクトに帰ったらご飯抜き。」

  • 勇気の道にて
「こら! ヤマトは我らのおっかさんなんだぞ! 独占権の行使は極刑に値する!」
「ワタルはご飯抜き。」

  • 駐屯地のチャットにて
「何だろうこの、秘密基地的な胸の高鳴り……!こういう場所でやるべきは――」
「「ここは鬼ごっこの聖地、直線での逃げ切りを狙うか、障害物を駆使したフェイントを仕掛けるか」とかいう生産性のない回答はいらないからな。」
「ボケを潰すな! ツッコミ失格だぞ! いや、でも、逆に言えばそこまでオレのことを熟知してるということ……。」
「いやーん。ここは往来よ! ちょっとアピール激しいんじゃない?」
「喧しくなったり、気持ち悪くなったり忙しいヤツだな。あと今の発言で吐き気に見舞われたからお前の夕飯作らないからな。」

  • 雷の魔跡地にて
「どうだ! オレの華麗な斧さばきに痺れさせてやったぜ!」
「もう怒る気力もなくなった。」
「とりあえず今日はご飯抜き。」

  • 闇の魔跡地にて
「結論を言うと、精霊ってのは同じトラップを使いたがる。」
「ワタルは丸一日ご飯抜き。」
※ クオン不在時のみ

食べること大好きなワタルがこんなにご飯を抜かれたら死んじゃうし、
ヤマトもヤマトで、「ご飯抜き」を必殺台詞にしたら「おっかさん」って言われちゃうよ。

王様の家族

無界とASでは、王妃様や王子・王女がいたが、異界版では姿を見かけなくなった。
あのお年で王様まさかの独身……!? 下手をすればお家騒動、国家の一大事!
……となるので、独身ではない。
クオンの家族並みに登場していないだけで、家族はちゃんといる。
最終話、演説を終えた王様が壇上を降りて席に戻るが、
よく見ればその横にちゃっかり3人とも座っているのが分かるだろう。
後ろ姿だけだし、セリフすらないという、空気の一歩手前だけどね!
そんなわけでサブキャラページにも現在の所載っていない。
(正確には、ネタがなさすぎて載せられない。)

クオンがチュロスボール好きになった理由

キャラ小ネタページにも載っているが、クオンはチュロスボール好きだ。
一方で、ASではいちごみるくに加えブラックコーヒーも飲んでいる。
一体彼の本当の好みは甘い系か苦い系、どっちなんだ!?
こう思ったプレイヤーは私1人ではない筈。
制作ブログによると、原案ではクオンの母親が洋菓子店を営んでいて、
よく母のクッキーを食べていたという設定があるそうだ。
そして、父の冤罪騒動の際、母親にクッキーを食べさせて貰って落ち着いたらしい。
ストレス軽減のためにクッキーを食べて精神の安定を図る、
という原案が転じて、ゲームではチュロスボール好きになったとのこと。
チュロスボール=クオンにとっては家族の愛なのだ。
それにこだわるのは家族の愛に飢えているということで、辛くて切ない。
まるで無邪気な童謡の裏に隠された秘話のようではないか。
では、何故ブラックコーヒーを飲むのかというと、

>「甘いもの(愛情)なんて欲しがらない大人な俺になりたい」(作者様談)

とのこと。つまりは、冤罪騒動で家族を亡くしたことからと思われる。
作者様によると、ブラックコーヒーは「嘘っぱち」なので、
本当に好きなのはチュロスボールだし、
腹を割って話す時にはチュロスボールを渡すということらしい。

これを知った上で、8話でスミカにチュロスボールを渡すシーンを見ると、
また違った考え方も出来そうだ。
落ち込んでいるスミカを励まそうとしたのは確かだが、もしかしたらその裏に、
スミカとはちゃんと話をしたい、という思いがあったのかもしれない。
(……こういうことは攻略ページの考察に書けって?
いや、文章をねじ込むのが大変なのでここで失礼。)

最後に、大事なことを。
結局、キャラページ&キャラ考察系小ネタページの「味覚は可愛らしい」って話、
大当たりだったってことだよね!(ドヤ顔)

……君がイケメンチートで可愛いってのは、Wikiでは常識だからね! 今更でしょ!?
チュロスボールあげるから、ちょっと落ち着こう!!

  • 最終更新:2019-07-18 21:46:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード