ロードナイト

20.ロードナイト
宝石言葉:自らの価値



あらすじ

※ネタバレ注意※

※ 閲覧後の苦情は受け付けません ※

※ネタバレ注意※

考察

※ネタバレ注意※

※ 閲覧後の苦情は受け付けません ※

※ネタバレ注意※

攻略

過去イベントから場面転換して、プロクト城でのイベントに切り替わる。
そのイベント終了後から操作可能になるので、新たなサブイベントをこなしたり、
装備品やアイテムを調達したり、自由に行動してから大魔王城へ行こう。

断絶のほこら

♪オフ SE 風の音

断絶のほこらはプロクトからすぐ南東に位置する。
サブイベントで何度か訪れたプレイヤーもいるのではないだろうか。
イベントアイコンが出ているところでエンターキーを押すと大魔王城へ転移する。
大魔王城からは行き来が出来るので、様子を見て足りないアイテムの調達をすることが可能。

サブイベント情報

  • 光の魔跡地
プロクト城でのイベント後、光の魔跡地へ行けるようになる。
場所はプロクトからエフライント神殿・ボッチョーロ祭壇へ行く途中の道を南下した所。
遠いので、一旦エフライント神殿までテレポレスで飛んで戻ると若干楽。
勝利報酬の光の魔装石はダークラウン戦で役に立つので、戦う前には入手しておこう。
    • ボス攻略はこちら→光の精霊長
      ※ 別タブで開きます。
      記載箇所へダイレクトに移動しますが、環境により多少カクつきます。
      (1度ページトップへ移動後、リンク先へ自動移動するため。)

      同窓が良い方はこちら→光の精霊長

※ サブイベント会話集に会話掲載あり。(ページ名をクリックすると別タブで開きます)

  • 秘密のお願い

※ 「お菓子を届けて」、「募金のお願い」、「薬草が欲しい」をクリアしていないと
発生しない。

魔法に精通している方を募集しています。
プロクトの宿屋2階で待っています。

フードの人物4度目。さすがにみんな気づき始めたか。
プロクトの宿屋2階にいるので、話しかけよう
話しかけるとイベントが開始するので、必要ならセーブをしておこう
今回は、表示された吹き出しに対応する魔法を選んでエンターを押す。
これを7回行うのだが、侮るなかれ。だんだんと表示される吹き出しの数が増える。
自力で突破するならメモは必須だろう。
選択を間違えてもイベントは進行するが、魔法の成功率で報酬が変わる。
以下、吹き出しと魔法の対応、正解と報酬のまとめ。

長いので折りたたみ


イベント会話



大魔王城

♪大魔王城(曲名:おばけ屋敷/配布元:ほわいとあいらんど工房)

大魔王城に謎解きはないが、一定の分岐で進む方向を間違えると
スタート地点に戻される、という簡単な罠が仕掛けられている。
罠が仕掛けてあるのは松明が置かれている階段。
青い炎の灯っている方が正解ルート。

20-20.jpg

出現する魔物の特徴は、チャットでクオンが言ってくれるので参考にしよう。

ヒントチャット


その他オススメなのは、ホワイトスケイル合成時に予想外で出来るシルクコート。
会心回避率+25%、能力弱体無効化と特にボス戦で有用。
ボス含め、全ての魔物が光属性に弱いので、
ワタルのスキルに「レウコン」をセットしよう。
なお、初回チャットでは、いつものようにアイテム入手があり、
全種類の欠片を5個ずつ入手する。

宝箱はエリアの右端と左端にあるので、丁寧に見ていけば取りこぼしはないだろう。
最後から2つめ、素材の入った宝箱は階段を上りきった場所の左側にある。
右に進むとゴールドエリクサーの宝箱があり、その奥でボス戦となる。
宝箱の中身:
闇耐性++(2)、光強化++(2)、攻撃半減耐性++(2)、魔法半減耐性++(2)
運半減耐性++(2)、敏捷半減耐性++×(4)、魔法ダメ率減少(2)、融解の結晶(5)
救済の十字架(5)、ダイアモンド(5)、英雄のペンダント(5)、闇夜の証(5)
女神の髪飾り(5)、大地の金属(5)、伝令使の靴(5)、雷鳴の石(5)、人魚の貝殻(5)
炎の牙(5)、竜の皮(5)、ゴールドエリクサー

最奥部でのボス戦闘だが、今回は勝たなければ先に進めない。

  • ボス攻略はこちら→ダークラウン3回目
    ※ 別タブで開きます。
    記載箇所へダイレクトに移動しますが、環境により多少カクつきます。
    (1度ページトップへ移動後、リンク先へ自動移動するため。)

    同窓が良い方はこちら→ダークラウン3回目

ボス戦後、やや長めのイベントが挿入されるので必要ならセーブしよう。

余談だが、今回のダンジョンは、進むごとにあるキャラへの心ない言葉が表示され、
ただでさえ重苦しいダンジョンの雰囲気がさらに重く感じられる。
さらに、先へ進むことへの不安が増していくプレイヤーも多いだろうが、
もちろん意図的な演出である。


  • 最終更新:2019-07-15 21:00:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード